1300年大祭事業 奥の院2017年08月07日 00時00分00秒


月曜朝から奥の院にて割拝殿建設位置確認と打ち合わせ
研究者の方々や文化課、そして施工者、いろんな話を聞く

名ばかりの事業部長でまだまだ知らないことばかり、神様が失笑しておられるだろう

この3つの御社は普通なら一線に並んでいるはず、ところが左側の御社は中に向いている
日野山が正面に見える方角、きちんと意味があるのだろう

右側の御社も中を向いている

不思議な場所に鎮座されるお地蔵様 掘られている文字の判別は難しい
何のために、またいつの時代に奉られたのか定かではない

割拝殿建設場所の確認 当初の図面より前に(本殿に近く)、地面の高さは低く

神輿の入り口は今の祭りを踏襲し回り込んで正面から入ることになる

そのため割拝殿前には広い場所が必要となり地盛りして広場を作った

昔は奥の院を正面にしてこの坂の下から登っていたようだ

このベニヤ板が拝殿の屋根の位置になる
神輿を担いだときの高さに合わせるために再度確認 このくらいあれば十分だろう

大木からの木漏れ日 曇にも拘わらず強い光が神々しい
ブナとヒノキに囲まれる奥の院

                  かみの領域

                                 さらさらと風の音

里暮らし2017年08月06日 00時00分00秒


すきあかり用HIRYU-rose 昨日は輪郭だけ、残りは本日午後に
紙が乾いてしまわないように水気を含ませておく

そして公民館畳干し

大勢なので作業は早い

ついでにわが家の玄関と居間の一部も
玄関の畳を上げると現れる板の床 横方向に一枚板が5枚並ぶ。にぶい艶がお気に入り

しばらくこのままにしておきたいくらい

昨日の蚊帳生地ARTWORK 眩しいほどの空
猛暑の中畳干しは午前中に終了

今週展示の打ち合わせを兼ねてちょっと福井市のレストランに
ホントはこれが一番のお目当て(笑) 夏野菜など豪華なシェフ特製カレー

レトロなしつらえ この場所にうまく展示できるのかな

午後から工場に戻って作業再開
でも結局最後までは出来ず 月曜日に持越し

3日間も漉き作業にかかるのは異例 これも今日打ち合わせしたレストランに展示予定

夕食は干した畳の部屋 この気持ち良さは畳干しで汗をかかないとわからない

               里暮らし かみ暮らし

                                     家と共に

仕上げて漉いて2017年08月05日 00時00分00秒


仕上がった試作達

いろんな試みを提案しても何の返事もないまま消えてゆく紙

いい感じの絡み方

少しデザインを提案、こんな風にしたらもっと面白くなるかも

さらにチャレンジ これだけは作ることを簡単に消費させないようにすることと
あまりに作品的になり過ぎたのでこれだけは手元に残しておくことにした

常にイメージの蓄積が必要、それは作るエネルギーを保つこと 

試作といえど 試作だからこそ 次へのイメージのために

とりあえず何か の注文で適当に作ればその時点で終わり 

きちんと作ったつもりでも要求されたものになっているかはわからないままのことも

作る気持ちを消耗させられてもまた作ることでエネルギーを蓄積

この繰り返し

さあ試作を確認したら次の作品に
大きいものを意識して作った紙でも予算や展示場所の関係で小さいものも作る

大きい作品のイメージのまま小さな枠でテンションを保つ

簡単そうで厳しい仕事

再会2017年08月04日 00時00分00秒


ちょっぴり膨らんだザクロの花 タコウインナーに見えるのは私だけ?
今日も暑い一日

工場は試作祭り 




2種類のストライプ 飛竜と楮それぞれの味

目黒雅叙園百段階段 「和のあかり展」以来の西元祐貴氏の作品
昨年の龍が和紙の里に

当社の雲肌に浮かぶ女性像 上下に蚊帳生地飛竜
アプリを入れたスマホをかざすと女性が白竜に 一度体験してください

卯立の工芸館 先月に引き続きハイレベルな展示

西元祐貴 帰京龍展

卯立の工芸館にて8月いっぱいまで展示されています

夏模様 22017年08月03日 17時25分31秒


5回目の卒業証書漉き指導 今日は大人数でお昼過ぎ

卒業証書の透かし ここの小学校は今年この紗型を製作し今回が初の卒業証書
創立100周年に卒業と二重の記念、良い紙になるように精一杯 

ようやく梅雨明けで梅を干す 3時過ぎると日が陰る和紙の里、少しでも当てる時間を

これまた苦手なストライプ柄 これはこの面が裏となる変わった紙
ちゃんとできているかどうかは乾燥後紗から紙を剥すまでわからない