福時アーカイブ 最終日2015年04月27日 00時00分00秒



展示のコンセプトをちょっと変えてみた今年の福時

茶室のレベルは襖のおかげでかなり上がったと思う
ただ襖はあるが畳のない部屋で違和感がないか心配したのだが

文房流の品格あるおもてなしはまさに福時

すきあかり新作の評判も上々、でも今までのデザインにもまだまだ評価があることを感じ

大幅にすべて変えるほどのことはなさそうだ
少しずつ自分のできるペースで

そして今回のふすま展示、準備不足で中途半端だったのにもかかわらず反応は予想以上
襖はまだやれることがたくさんある

同じく少しずつアイテムを増やしつつもようやく小物たちの評価も安定してきた
さらにパッケージング、ラインナップをそろえて進化させよう

後片付け、予想通り大変だったのは襖の荷造り、
でも建具の作りはほぼ完ぺき、飛龍茶室も鉄製のジョイントを新たに作ったことで片付け時間も半減


荷造りを終えたころ運送屋もほぼ時間通りに集荷、こんなにスムーズなのは初めてかも

二日酔いも吹き飛び、お疲れ様ビールは格別のうまさ
さてこれから展示会と掘り出し市の準備、一晩だけの休憩


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2015/04/27/7628194/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。