再スタートもHIRYU2016年04月02日 00時00分00秒


記憶の家を見守る桜も五分咲きに

年度が替わり最初の土曜日からも仕事

すきあかり用 HIRYU-MOSAIC 10枚漉き上がり

今年の凍結で配管を痛めて水漏れが発生、快晴の空のも業者が修理
静かな工場でのんびり仕事はお互いさま

午後からは福時に向けてW3000×H2000の大判を製作

まず4月7日からのベナール展に出品後もう一枚製作して南青山でのお茶の席で使う予定
いよいよ福時開催まで20日
 
年度明けの再スタートから全力で



遠い国から 12016年04月04日 00時00分00秒


今日は朝からテレビ撮影でイタリアからのお嬢さんが工場にやって来た
見るものみんな興味津々、工場見学で塵取りの体験をしたのは彼女が初めて

さらに襖漉き体験、歓声でにぎやかな工場になった
朝から晩まで、そして夕食のシーンまで…仕事はあきらめ楽しむことに

夕食後、虚空蔵堂の桜をライトアップ、夜桜の花見


記憶の家もライトアップ


にぎやかな時間は10時過ぎまで
明日も撮影、おやすみなさい


遠い国から 22016年04月05日 00時00分00秒


撮影二日目、朝食のシーンはないもののその他の場面の撮り直しなどで結局午前中いっぱい
明るいお嬢さんとお母さんは私の娘とお姉さん、帰るころには長田家の親族に(笑)

唯一出来た仕事、大判の作品の仕上げ確認
思った以上にしっかり出来上がった

夕方からは福時会議で福井市内のカフェ ニホへ。会場レイアウトなどの最終チェック

忙しい中でもここに来るとホッとする。
でも帰る前に明日搬入する作品の展示用品を買いにホームセンターへ

忙しくも心穏やか、楽しい時間はそんなもの

走る春2016年04月06日 23時46分20秒


昨日ようやく乾いた紙を午前中に仕立てて、昨日に引き続き県立美術館へ

来客などで着いたのは午後3時、最後の搬入
お待たせして申し訳ありませんでした。

「通路のドアのラインが邪魔でもったいないね」展示を終えた作家の皆さんに展示についてあれこれアドバイスをいただきこの位置に決定

強い色が並ぶ大型作品の中、白一色のHIRYU-RINGS
題名も決まってなくて「和紙平面作品」

展示を終えてそのまま福井市の玄関となるビルの現場で打ち合わせ
想像をはるか越えた大きな場所だったので納期を延期していただき構想を練ることに

このあと黒皮楮をH先生の自宅まで配達、そして夜は春祭りの打ち合わせ
長い一日、頭も体もフル回転

散り始めた桜の中、走る春


熟練と慣れ2016年04月07日 00時00分00秒


直線による乱れ格子 自分の中である程度の法則がある
出来るだけピンと真っ直ぐに交差にメリハリを付けて

先月から200枚近く漉いている
これだけやっていると手の動きに迷いはないが、それが「慣れ」となって緊張感を失わないように

                   かみの心
                               今できることを全力で