雲肌2016年04月11日 00時00分00秒


水の力を得て漉かれる紙、流れのその痕跡が雲肌となる
基本的にどんな紙でも出てくるものだがパルプとは一線を画す光沢

この紺紙は楮と三椏、三椏や雁皮のみの光沢も素晴らしいがこの組み合わせが一番きれいに雲肌が出ると思う

これは襖で使われる雲肌紙 単色の原料からいろんな色が感じられる 
うまく撮影するのは難しいが

思い切り接写してみると思いもよらぬ色の万華鏡
カメラを通した画像は単に事実を見ること、人の目はそこに感じるということが加わる

                  かみの色

                                    心で見る色

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2016/04/11/8071313/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。