朝花見2018年04月04日 22時27分14秒


天気予報は午後から曇のち雨 やっと咲き始めた桜、朝だけ花見
親父、あんなに雪に埋もれてたのに今年もきれいに咲いたよ 

forest
金津創作の森 展示会用の大判タペストリー ようやく本調子が出てきた

今月は西武百貨店の展示会参加に始まって21日から金津創作の森にて「森の作家展」
その日に東京南青山にて「福時」、さらに地元では「いまだて現代美術紙展 1300展」
そして岡太神社大瀧神社1300年大祭、並行して「越前和紙大掘り出し市」

                  かみまつり

                          考える暇はない 前に進むのみ


かみと生きた父2018年03月27日 00時00分00秒


岡太神社大瀧神社春季例祭 献饌の儀
神事の司会席でいつかこの日が来ると思いながら凛と背筋を伸ばす父を見ていた

昨年7月に一度目の脳出血により視力を失うも、それ以外の麻痺はほとんどなく家族の介護負担を最小限にして前向きに暮らしていたが今月8日朝、救急搬送され11日間そのまま意識は戻らず86歳の生涯を閉じる

穏やかな顔で眠るように…父らしい最後だった

今夜は久しぶりの夜仕事 BGMは古いジャズ
苦労しただけなかなかうまくできたよ 見てくれてるか

少しずつ2018年02月28日 00時00分00秒


2月も最終日、雪もかなり減ってきた

半月前はこの状態、どんなに降っても春になれば雪は消えてゆくものだ

少しずつ厚みを変えて漉いた大判3300×1200の紙 意外に手間取り夜までかかる。
小判でできたものでも大判でやるとなると別物になることがある

特にこれだけ大きいと均一にするだけでも手がかかる

痛みと冷たさに耐えてようやく完了 まあまあの出来

いつまでたっても紙は難しい

その後大判RASEN-black 納期が迫るので今日も結局午後11時
手のマッサージが効いたか、どうにか動かすくらいはできたので何とか漉き上げた

休んだ方がいいのはわかってるけど、ここはもう一頑張り

嵐の夜 風切る音 冬将軍の置き土産

身体が資本2018年02月27日 00時00分00秒


仕事をこなしながらの連日の除雪、ここに来てさすがに疲れが出てきた
大判RASEN-blackをはじめ2000×1000も連続で漉く 

夕方には手は動かなくなってきたところをだましだまし痛みに耐えながらこの大判

そして力尽き本日終了 身体が資本 傷んだ手を揉み暖めて次に備える



豪雪の置き土産とnokorimono2018年02月21日 00時00分00秒


どんなに大変でも消えない雪はない  
10日前とはかなり減ってきた雪

融雪用の地下水と漉き場から出てくる水でこんな溝から少しずつ片付けてゆく
多少の不便は辛抱しながら雪を運べば体も温まる 春はもうそこまで来ているのだから

まとまった漉き時間が取れないので残った原料をARTWORKに

nokorimono single stroke HIRYU



夕方からやっと本来のペースに
RASEN-blackの大判 まだまだ寒さは厳しいので乾きが遅い