里暮らし2017年08月06日 00時00分00秒


すきあかり用HIRYU-rose 昨日は輪郭だけ、残りは本日午後に
紙が乾いてしまわないように水気を含ませておく

そして公民館畳干し

大勢なので作業は早い

ついでにわが家の玄関と居間の一部も
玄関の畳を上げると現れる板の床 横方向に一枚板が5枚並ぶ。にぶい艶がお気に入り

しばらくこのままにしておきたいくらい

昨日の蚊帳生地ARTWORK 眩しいほどの空
猛暑の中畳干しは午前中に終了

今週展示の打ち合わせを兼ねてちょっと福井市のレストランに
ホントはこれが一番のお目当て(笑) 夏野菜など豪華なシェフ特製カレー

レトロなしつらえ この場所にうまく展示できるのかな

午後から工場に戻って作業再開
でも結局最後までは出来ず 月曜日に持越し

3日間も漉き作業にかかるのは異例 これも今日打ち合わせしたレストランに展示予定

夕食は干した畳の部屋 この気持ち良さは畳干しで汗をかかないとわからない

               里暮らし かみ暮らし

                                     家と共に

夏模様 22017年08月03日 17時25分31秒


5回目の卒業証書漉き指導 今日は大人数でお昼過ぎ

卒業証書の透かし ここの小学校は今年この紗型を製作し今回が初の卒業証書
創立100周年に卒業と二重の記念、良い紙になるように精一杯 

ようやく梅雨明けで梅を干す 3時過ぎると日が陰る和紙の里、少しでも当てる時間を

これまた苦手なストライプ柄 これはこの面が裏となる変わった紙
ちゃんとできているかどうかは乾燥後紗から紙を剥すまでわからない

夏模様2017年08月02日 00時00分00秒


明るい朝の顔を見ながら工場に

雲肌楮紙の5×6判 大判ならではの大胆な雲肌

厚みのグラデーション こういうグラフィックな柄が一番苦手

夜は卯立の工芸館運営会議 運営の話から漉き方、原料やネリ、機械の話まで9時過ぎまで
伝統工芸士としてもっとここに集える余裕があればいいのだが

手漉き和紙だけで暮らしてゆくには厳しすぎる時代、技術を認めていただくのはありがたく光栄な事だが遺産扱いに未来はない

ものつくりとは…などと流行のストーリー作りに道を見誤らないように

                 かみと生きる

                                 伝えることとは何


伝えること2017年07月28日 22時56分55秒


昨日に引き続きの卒業証書漉き指導 本日は午前午後と終日
午前中は60人近くだったが子供たちの元気なあいさつで昨日の残業疲れも吹っ飛ぶ

本来は5人体制のはずだったが実際は3人、ベテラン二人と組んで何とかこなす。

バスから手を振る子供たちにほおが緩む

昼食をはさんで午後の部、さすがに疲れは残るもののもう一息

ところが一緒に担当するはずの新人伝統工芸士も事情により欠席、急遽組合青年部の先輩に助けてもらうことに
午後からは19人と少人数、ちょっと物静かだったが真面目な態度で漉く姿は微笑ましいね

毎回子供たちに話すこと 

やっているところをよく見ること、そしてやってみること

ものつくりは言葉より目と手

積上げられた紙に自分の紙を乗せてゆく。そこで失敗するとそれまで漉いた友達の分まで壊してしまう。だから最後までしっかりと

                   伝えるかみ

                           紙を漉くとは伝えることと知る

与えられた仕事、あらかじめ予定を組んである以上、事情はあるだろうがそれを崩すことは指導を含めた関係者、楽しみにやってくる子供たち、その真剣さを自らがわかっていないようではどんなに立派な紙を漉いていても伝えることはできないと思う

卒業証書漉き指導 22017年07月27日 21時31分57秒


先週に引き続き二度目の卒業証書漉き指導 今日は小規模校2校、それでも十数人

のんびりした子供たちでも漉く時には真剣な目に ここでは初心に帰る気持ちで
漉き作業はほぼ一時間で終了、閉講式まで時間ができた

卯立の工芸館へ

以前より展示や照明のレベルが上がってきたようだ

2階には加藤志津子さんの個展 ようやく見ることができた






これまでの美術館やギャラリーでの展示とは一線を画す、この場所ならではの素晴らしい個展でした

仕事の合間にひと仕事
途中で雨、あわてて移動したと思ったら強い日差し 天気に遊ばれてる

午後からは製作立会
その前に参考になる試作

本来なら完成した紙をお見せするつもりだったのだが、まだ乾燥できてない
乾くとかなりイメージが変わるので…結局違う仕様に変更

やっと本来の仕事に戻る 今日は大判無地、ネリの調子がよく原料もきれいに解けた
久しぶりに納得のいく雲肌無地

心に乱れがあるときは何度漉き直してもこんな仕上りにはならない

                 心を映すかみ

                      初心忘れず、今日の子供たちのおかげだね