紙展記憶2017年07月07日 00時00分00秒


j-image ARTWIND

煙彩雲の試作
うまくたなびいたかな

本日夜は紙展の関係者が集まり 総決起集会(笑)という名の懇親会

始まりは和やかに そして次第に熱い思いが語られる
そこに時間の壁はない

連休以来そのままだった2階もようやく整頓



紙展の記憶が走る夜 その背中は近くて遠い


紙展始動2017年06月07日 00時00分00秒


落水紙 ムラの加減を一定にするのがこだわり
大判小判で50枚以上、普段は職人に任せておく仕事だが、大口のストライプ紙の納期も迫っているので自分で

原料を溶き、ひたすらに漉く 

夜は記憶の家にて紙展会議
まさに紙にまみれる日々

紙展反省会2017年05月13日 00時00分00秒


土曜日仕事 すきあかりミニをHIRYU⁻kikuで
小さくても同じ気持ちで グラデーションのために5回の漉き重ね

修了後ちょっと一息 奥さんのいけばな展に

そしてお気に入りの場所で

夜は紙展1299展の2回目の慰労会

来年のための課題などの話し合い
話の後はいつもの… みんな車で来てるので飲んでるのは私だけでしたが…

終わった後は余韻を楽しむ時間

エラの歌声が響く記憶の家
古いエレクトロボイスも今日は特別いい音に聞こえた


記憶の家 紙展2017年05月08日 00時00分00秒


紙展会期中はほとんど晴れ、お天気が手助けしてくれた1299展

記憶の家にも多くの人が訪れました


飛び入り参加の母の作品 20年ぶりでも新鮮


何より目を奪った極彩色の作品この和室にぴったり収まったのには驚きました

昼も夜もにぎやかだった記憶の家も静かに
また来年までしばしの休息


今立現代美術紙展 1299展終了2017年05月07日 00時00分00秒


帰省していた長女と3人でランチ、二日酔いの胃袋に渇を入れる
去年もここに来ていたような気が

いろんな場所を再発見した展覧会

角喜代則展も終了、彼を慕う仲間と共に作品を片付ける
お疲れ様、またやりますよ。それまでひと休みしてて

天気のおかげで外で片付けができた。あの狭い展示室に入っていたなんて信じられない大きさの作品
外で見ても面白いなあ

拍子抜けするほどあっさりと片付けは終わる

今年の1299展が紙展の始まりということを示すかのように