1300年大祭事業 奥の院2017年08月07日 00時00分00秒


月曜朝から奥の院にて割拝殿建設位置確認と打ち合わせ
研究者の方々や文化課、そして施工者、いろんな話を聞く

名ばかりの事業部長でまだまだ知らないことばかり、神様が失笑しておられるだろう

この3つの御社は普通なら一線に並んでいるはず、ところが左側の御社は中に向いている
日野山が正面に見える方角、きちんと意味があるのだろう

右側の御社も中を向いている

不思議な場所に鎮座されるお地蔵様 掘られている文字の判別は難しい
何のために、またいつの時代に奉られたのか定かではない

割拝殿建設場所の確認 当初の図面より前に(本殿に近く)、地面の高さは低く

神輿の入り口は今の祭りを踏襲し回り込んで正面から入ることになる

そのため割拝殿前には広い場所が必要となり地盛りして広場を作った

昔は奥の院を正面にしてこの坂の下から登っていたようだ

このベニヤ板が拝殿の屋根の位置になる
神輿を担いだときの高さに合わせるために再度確認 このくらいあれば十分だろう

大木からの木漏れ日 曇にも拘わらず強い光が神々しい
ブナとヒノキに囲まれる奥の院

                  かみの領域

                                 さらさらと風の音

休めないオフ2017年07月30日 00時00分00秒


日曜日朝から粗大ごみ監視当番で8時から9時まで
毎年やっているのにまだまだこんなにあるんだね

今日はペースダウン、工場仕事は小休止

入院中の父を見舞い、その後大安禅寺まで配達

帰宅して紙の仕上がり確認

波楮 ややラインの雰囲気を変えてみた

夕方からは庭の草取り、日が陰ったとはいえまだまだ暑い
無心に手を動かす時間は久しぶりのような気がする

和紙の里の運動会2017年07月22日 00時00分00秒


和紙の里 大滝区運動会は夜 物騒な(笑)看板を見ながら大滝神社奥の運動場に

午後からの準備はほぼ終了
時間まで軽く一杯

元気よく宣誓 さてそろそろやりますか

笑の絶えない運動場
懇親会に競技がついてくる感じの運動会 子供たちからお年寄りまで笑顔の宵でした


虚空蔵菩薩とともに2017年07月13日 22時07分13秒


今日から大判の襖紙 人数不足で私と家内までの総動員
といってもやれたのはほぼ2時間 調子の出たところで講義の準備

午後からは福井県立大学へ 朝の雨もすっかり上がり厳しい夏の日差し

いつものコンビでの1時間半
大学の講義らしいのは相方に任せて、私はいろいろ並べて紙に話してもらうことに

帰ってからも明日着の荷物の持ち込みなど慌ただしい夕方

夜は虚空蔵菩薩の祭り ご詠歌が暑さを和らげる
後始末のお手伝い

和やかな時間は菩薩様のお導き


さて作業の続き rings & dots W1200×H5000のタペストリー
本日の納品を明日に伸ばしてもらっているので今日中にどうしても仕上げなければ



上部は蚊帳生地 下の紙の部分とのつながりに苦心した

夏場なので乾燥が早過ぎややしわができたが吊るしているうちに目立たなくなるだろう

展示が楽しみになってきた でももう一点別のARTWORKも製作しないと…

忙しさにすさむ心 ご詠歌の響きは救いの言葉

                かみとともに

                          大丈夫きっとそこで見ておられる

ハチと水の季節2017年07月08日 00時00分00秒


今年はそんなにハチの姿が見えないなと思っていたら…こんな高いところに巣が
またしてもキイロスズメバチ 小柄だが最も凶暴なので大きくなる前に駆除しておかないと

一年に一度会う業者の方も顔馴染み えらいところに作ったなあとぼやきながら作業
この他にもう一か所発見、この蔵の壁は巣作りには絶好の場所らしい

Ring&Dots  工場に戻ってもハチの羽音が聞こえそう
集団で動き回るハチ、ちょうどこんな感じだね

夕方からは大滝自警隊野訓練 消防活動はポンプ始動だけでしたが

水害対策の土嚢の点検、修理
河川改修は進んでいても決して忘れてはならないこと

工場に戻ればきれいなハチの巣
まだ幼虫もほとんど入ってなかったらしい。 かわいそうだが仕方がない

これがぎっしり詰まっていたらと思うとぞっとする