作ることは前に進むこと2019年09月16日 23時08分09秒


三連休最後の日も朝からトロロアオイ畑 生産部会を作ってみんなで育ててきたトロロアオイは初心者への試練、9月になっても高温多湿が続き根腐れ枯葉病などでこのままだと全滅の危機ということで急遽収穫を前倒しすることに
深く根をはったトロロアオイを引き抜くのはかなりの重労働

今日もまだまだ暑い、さらにさすがに連日早朝よりの作業などが続いて体が重い

それでも和気藹々と収穫 意外に使えそうなものも多いのがせめてもの慰め

11時までに作業は終了 もう疲労困憊
いつもなら11月に収穫するとろろあおい、それを1ヶ月以上の前倒しでは見た目はそこそこでも不安は残る。それでもなんとかするのが職人

帰省していた次女を駅に送り、工場に戻って作業再開
なんとか発送と明日納期の仕事は完了

アートワークも乾燥終了、明日仕上げて発送

しっかり仕上がった紙を見てようやく連休仕事は終了
ものを作りつづけること、いろんあことがある

大事なのは今あるものでどう作るか

それは前を向くということ

かみが示す道に間違いはない

かみと向き合う日々2019年09月05日 23時26分02秒


残暑もちょっと優しい朝方久しぶりの仕上げ
何故かこんなに光沢が出た未晒しタイ楮 美しい雲肌はまるで国産楮並み、理由は不明

何年この仕事をやっていても驚くことはしょっちゅうある

日中は博物館や外回り、来客続きであっという間に夕方、ようやくすきあかりHIRYU-Kikuに取り掛かる
輪郭だけで一旦中断、本日は越前生漉き鳥の子保存会研修

何故かひとつだけなった百年ザクロの実に見送られ研修場所に

越前鳥の子保存会研修 雁皮を煮る作業

分厚いもの長いものなどをより分け釜に入れる
ある程度煮立ってから細いものを釜に 「うまく煮えてくれよ」いろいろ教わってはきても最後は雁皮にお願い(笑)

何年やってきていてもまだまだ知らないことばかり、それは伸びしろということ

かみと向き合う日々


保存と現実2018年02月26日 00時00分00秒


週の初めの給料日、納期日、来客でてんてこまいの一日、夜は鳥の子保存会

成果品品評会 一目でわかる出来の悪さ(笑)

それでも雁皮の質感、特に光沢はやはり別物

それだけに厳しい目で見ることになる
画像ではわかりにくいが(実際見ても気付かないほど)中ほどに黄色い繊維が混入している

あれほど丁寧に塵を取っても残ってしまう。漉く時に取っておかないとなあ

薄く繊細な鳥の子雁皮紙 これらの手間や技術を考えると現実的な仕事としては相当厳しい

塵ひとつを許さない原料で汲み上げ伏せ重ね、圧搾具合、貼り込み方、乾燥温度など全てを完全にして漉く

これらの条件を必要とするところでどう使うのか見てみたいものだ


雪の合間に鳥の子保存会研修2018年02月10日 00時00分00秒


明日の一斉除雪が決まったので急遽鳥の子保存会研修を土曜日に
静かな卯立の工芸館 漉き音だけ

帰宅し昨日の続き 窓から見える雪景色 合間に除雪をやりながら作業

試作の仕上がり確認

送る方法が限られているのでペースダウン

夕方からは自警隊の定例訓練 ポンプ始動に加えて消火栓周りの除雪
火事は天気の都合を聞いてはくれない

備えは雪も防火も同じ



保存と革新2018年02月03日 00時00分00秒


土曜日午前中に仕事を切り上げ 鳥の子保存会の午後が始まる
丁寧に塵を取ることで紙への意識がどんどん高まる

そしてできるようになればなるほど高みが見えてくる漉き作業

手慣れていると思っている作業でもすべてにかかわることでその重みが変わってくる
紙の道に終わりはない だからこの研修に卒業はない

現代美術紙展1300展の打ち合わせ
追求する方向が全く違う世界 これにも終わりはない

久しぶりに見た自分の作品 A-URA 
突き進むことに終わりはない できることを今やるだけ