天然紙~未晒しの色2015年03月20日 23時24分53秒

タイ楮未晒し楮紙

美しい雲肌、未晒しのやさしい色合い…輸入タイ楮もここまでの仕上がりになる

天然紙、写真で見る限りほとんど違いは分からないが

木灰での煮方をやや浅くして、楮の繊維を残した紙に仕上げた

繊維の毛足の長さはそのミミでわかる

普通は除去される茶色の繊維も愛おしい

そのミミが重なり合う姿は

納品、紙の名前も長くなる

さらにもう一つ

釜場で残っていた和紙の原料を固めて作った板紙

楮、三椏、雁皮が混ざり合った力強いテクスチャー
人の意志の入る余地はない

未晒し楮雲肌紙…無漂白タイ楮 にじみ止めドーサ

天然紙…木灰で浅く煮た土佐楮の繊維を崩さずに残して漉いた紙

釜場紙…いろんな色に染まった楮、三椏、雁皮などを無作為に混ぜ込んで作った板紙

これらの納入先は尊敬する盲目のアーティスト

                   かみの力

              見えなくてもそれ以上の感じる力でこの紙たちと話ができる

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2015/03/20/7594609/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。