巾広襖紙2015年03月31日 22時30分07秒


多い時でも年に3回くらいの幅広の襖紙、準備もなかなか大変

普段の道具の1.5倍の幅、重さもはそれ以上になる

それでも漉くのは同じく二人

水を含んだ漉き簾は相当重く二人では持つことは不可能。模様を漉く場所までは3人で運ぶ

表紙の流し込み、大きな紙の雲肌をうまく出すのはさらに熟練が必要

今回は通常3×6判しかない梅の柄を特注の5×6判で漉く

滑車で釣り上げてその動きに合わせて漉き上がった紙を伏せる
以前は手回しでやっていたがここだけはプログラミングされた機械の力に頼る

大きな布をふせて次にの繰り返し

仕上がった梅の幅広襖紙は品のある豪華さ
注文は6枚だが多めに漉いておくことにした

八雲№354幅広 限定品


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2015/03/31/7601522/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。