天然紙2016 始動2016年01月20日 21時50分36秒


今朝は今季初めての積雪、朝から除雪で暖まる
暖冬からいきなりの冬将軍、身体には堪えてもネリには最適なこの寒さを待っていた

今年仕入れた土佐楮

この結び目ひとつに日本人の心を感じる

広葉樹のみの木灰は友人の薪ストーブオーナーのご厚意
炎となって部屋を温めた木は灰になり紙造りの手助け、

そして人の心を温めてくれる天然紙へとつないでくれる

この紙は本来の仕事とは別物なので特別な道具は何もない

手でできることは手で、上澄みができるまで待っての繰り返し
普段の仕事をこなしつつ、一度にはできないので少しずつ

出番を待つ大釜
本来の紙の漉き方、無理をせずただ一心に淡々と手を動かすこと

                  冬のかみ

                              良い紙ができますように


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2016/01/20/7996878/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。