天然紙 荒掛け雲肌2016年02月26日 00時00分00秒


広葉樹使用の薪ストーブの木灰で煮、手による叩解を省き荒く仕上げた土佐楮を畑からそのままのトロロアオイを使って漉いた雲肌楮紙
もっと荒々しい仕上がりになると思ったが案外そうでもなかった

版画用紙などでは本来なら邪魔になる荒い繊維
楮の顔が見えるようだ

書く描く包むなどの用途に応じた紙とは一線を画す天然紙
紙そのものの存在感

                  かみの力

                                   清々しい表情

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2016/02/29/8034699/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。