原点と進化2017年11月14日 23時09分43秒


大判の紙の試験漉きなど今日も試作に明け暮れる

蚊帳生地ARTWORK 特にこんな龍をと言われたわけでもないのに作ってしまった
やらなくてはならないことがたまっているときに限ってこんなものを作ってみたりする

静かな夜の仕上げ場には襖 夜の灯りでも美しい雲肌
舞鳳№11 朧影 楮と花が自由な雲肌の中に泳ぐ 仕上げ甲斐のある紙

この紙のおかげで今がある 原点はやはりここ

                 かみに戻る

                                  そしてまた次へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2017/11/14/8727689/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。