作ることは前に進むこと2019年09月16日 23時08分09秒


三連休最後の日も朝からトロロアオイ畑 生産部会を作ってみんなで育ててきたトロロアオイは初心者への試練、9月になっても高温多湿が続き根腐れ枯葉病などでこのままだと全滅の危機ということで急遽収穫を前倒しすることに
深く根をはったトロロアオイを引き抜くのはかなりの重労働

今日もまだまだ暑い、さらにさすがに連日早朝よりの作業などが続いて体が重い

それでも和気藹々と収穫 意外に使えそうなものも多いのがせめてもの慰め

11時までに作業は終了 もう疲労困憊
いつもなら11月に収穫するとろろあおい、それを1ヶ月以上の前倒しでは見た目はそこそこでも不安は残る。それでもなんとかするのが職人

帰省していた次女を駅に送り、工場に戻って作業再開
なんとか発送と明日納期の仕事は完了

アートワークも乾燥終了、明日仕上げて発送

しっかり仕上がった紙を見てようやく連休仕事は終了
ものを作りつづけること、いろんあことがある

大事なのは今あるものでどう作るか

それは前を向くということ

かみが示す道に間違いはない

かみ水2019年09月14日 00時00分00秒


土曜日早朝から大滝区利水部の沈砂池清掃 本格的なのは七年ぶり

ポンプフル稼働で洗い流す

若干涼しくなったとは言え重労働

昼食を挟んで終わったのは午後2時過ぎ
後片付けの後ちょっと一杯

工場に戻って製作再開 なんとか7時には終了
身体の疲れはあっても手は動く 気持ちの疲れは感じなかったからか

かみの水は力水

黒彩雲2019年09月11日 22時07分52秒


銀嶺No.366 彩雲(黒) 光沢のある黒い雲肌に金銀
かなり特殊な紙だが年に30枚ほど注文が来る あまり認知されているとは言えない見本帳ながら根強い需要がある様だ

お盆前から注文されていたartworkの試作 

そしてもう一点

昨日夜試作した水揉みを朝方色の確認、

張り場作業終了後、突貫で本番の染め

1日で張り場、染め、染め紙を再度張って試作であっという間に夕方、さすがに夜仕事は無理だった。 

明日できる仕事は今日やるな でも明日も朝から張り場、水揉み仕上げ発送などを午前中に終えたら午後からは研修会 やっぱり忙しくなるなあ

かみ共に走る日々 滴るかみ汗

Hiryu-fes2019年09月10日 22時20分38秒


久しぶりに続く飛龍 あれこれ次々まさにcarnival

漉いた形がそのまま紙になる飛龍
作り始めてから二十年ほどになる

ベースグラデーション 下半分に楮紙、上に行くほど薄く半分から上はベースの紙はない
この二十年でいろんなバリエーションが出来てきた

Stream with Kozo line
飛龍の表現はほぼ無限 まだまだチャレンジ

かみfesは続く


朝花見2018年04月04日 22時27分14秒


天気予報は午後から曇のち雨 やっと咲き始めた桜、朝だけ花見
親父、あんなに雪に埋もれてたのに今年もきれいに咲いたよ 

forest
金津創作の森 展示会用の大判タペストリー ようやく本調子が出てきた

今月は西武百貨店の展示会参加に始まって21日から金津創作の森にて「森の作家展」
その日に東京南青山にて「福時」、さらに地元では「いまだて現代美術紙展 1300展」
そして岡太神社大瀧神社1300年大祭、並行して「越前和紙大掘り出し市」

                  かみまつり

                          考える暇はない 前に進むのみ