かみと向き合う日々2019年09月05日 23時26分02秒


残暑もちょっと優しい朝方久しぶりの仕上げ
何故かこんなに光沢が出た未晒しタイ楮 美しい雲肌はまるで国産楮並み、理由は不明

何年この仕事をやっていても驚くことはしょっちゅうある

日中は博物館や外回り、来客続きであっという間に夕方、ようやくすきあかりHIRYU-Kikuに取り掛かる
輪郭だけで一旦中断、本日は越前生漉き鳥の子保存会研修

何故かひとつだけなった百年ザクロの実に見送られ研修場所に

越前鳥の子保存会研修 雁皮を煮る作業

分厚いもの長いものなどをより分け釜に入れる
ある程度煮立ってから細いものを釜に 「うまく煮えてくれよ」いろいろ教わってはきても最後は雁皮にお願い(笑)

何年やってきていてもまだまだ知らないことばかり、それは伸びしろということ

かみと向き合う日々


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2019/09/05/9149901/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。