記憶の家始動2014年12月27日 21時02分36秒


雪煙る山

今日も圧搾機で紙を絞る
今日の私の工場仕事はここまで

思いのほか重症だった腕の火傷、治療で通う病院も今日で4日目
ほとんど痛みのないのがせめてもの救い、このあと照明器具などの買い物に

「記憶の家」の初仕事はお披露目を兼ねた従業員の慰労会

朝から準備、すきあかりも大忙し

本座敷に並ぶ作品

古い土壁にすきあかりから漏れる光

唐草すきあかりとmonoシリーズの襖がしっくりなじむ

モザイクとドット、すきあかり
嘱託となったベテランも加わり久しぶりに集まった従業員、ここに住んでいた私の叔母も喜んでくれているだろうか

楽しく語った後の余韻

午後3時から始まった慰労会、にぎやかな時間は午後8時近くまで
「記憶の家」は両親の名前をあわせ「昌栄庵」と名付けることにした

                 かみの家

                       この家には人を語らせる力があるようだ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osakazu.asablo.jp/blog/2014/12/27/7525698/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。